前へ
次へ

葬儀ビジネスの競争化と一つの副産物

今日本のビジネスシーンの中に於いて、非常に熱い競争が繰り広げられている一つに葬儀業界が挙げられます。
少子高齢化の加速と共に冠婚葬祭の中で、存在感が大きくなった葬儀と言うジャンルは、ビジネスチャンスとして高いポテンシャルを秘めているからです。
大きなビジネスチャンスを活かすために、各葬儀業者とも従来の常識にとらわれない、様々なニーズを満たす葬儀プランを生み出しています。
そんな中で、多くの人から支持されているのが家族葬や一日葬などの、少人数小規模でコストパフォーマンスに優れた葬儀プランです。
また、海への散骨プランや樹木葬なども密かな人気プランとなっています。
ネット環境の発達などもあり、以前より葬儀と言う儀式に対するベールに包まれていたイメージが払拭された事もあり、生前から家族間で葬儀プランについて意識合わせをするケースが増加傾向となりました。
これは葬儀業界の競争化による一つの副産物だと言えます。

Page Top