前へ
次へ

徐々に変化しつつある葬儀に対する捉え方

時代や国が変われど弔いの儀式である葬儀は脈々と続いていくものだと考えられますが、昨今の日本に於ける葬儀に対する捉え方は、徐々に変化してきています。
最近の日本の葬儀の傾向として顕著なのは、規模や費用の簡素化と言うポイントが挙げられますが、そこには生き残りをかけた葬儀業界の競争の激化と言う要因があります。
つまり競争の激化によって、ライバルに負けないための、よりリーズナブル且つバリエーションに富んだ葬儀プランが登場し、従来よりも選択肢の幅が増えた事によるものです。
そして、日本経済の長引く不況により葬儀にかけられる予算自体も少なくなった事も、葬儀を簡素化を加速させた要因の一つだと言えます。
その他にも少子高齢化や親戚間の関係性の希薄化による、参列者の減少傾向なども大きな要因の一つとなっています。
そのような状況もあり、最近は特に生前から家族葬や半日葬など簡素な形の葬儀を希望する方も増加傾向となっています。

福岡アーム税理士事務所

Page Top