前へ
次へ

葬儀前に行うこととして枕飾りをする

人が亡くなったら漠然と葬儀を行う、その前にお通夜を行うなどと考えるかもしれません。
それらの儀式は比較的大きな儀式の一つで、実際にはもっと細かいことをしていく必要があります。
前に行うこととしては枕飾りがあり、遺体の安置が済んだ後に故人の枕元に設置をしておきます。
葬儀会社が決まれば葬儀会社が必要なものを用意してくれたり、自分で用意したりするものもあります。
仏教においては白い布をかけた枕机の上に三具足と言われる香炉、燭台、花立てを置きます。
花立てにはきしみを一本さしておきます。
これらは業者が用意してくれますが、自分で用意するものとして枕飯などがあります。
枕飯は残りご飯などではなく臨終後にすぐ炊いてそれを故人が使っていた茶碗に一粒残らず盛ります。
そして真ん中にお箸を立てて供えます。
枕団子は上新粉を使って作る団子で地域によって数が異なります。
枕飾りが終わったら家族で順次焼香をしていきます。
枕飾り後に僧侶に行ってもらうのが枕経で、お通夜の前に行ってもらうこともあります。

Page Top